新型出生前検査(NIPT)ができます

NIPT(新型出生前検査、母体血胎児染色体検査)

(妊娠10週~16週未満)

妊婦さんから10~20mlの血液を採取し、解析することにより、胎児が21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、13トリソミー(パトウ症候群)である可能性を調べる出生前検査です。
結果は2週間ほどで判明し、「陽性」「陰性」または「判定保留」と報告されます。
(確定診断には別途、羊水染色体検査や絨毛染色体検査が必要です)

鹿児島県内では、鹿児島市立病院、米盛病院(鹿児島市)、竹内レディースクリニック(姶良市)の3カ所が、県内唯一の基幹施設・鹿児島大病院(鹿児島市)の連携施設に認定されました。

検査の流れ

料金のご案内

※健康保険が適用にならない検査の為、全額自己負担になります。