当院では産婦人科・不妊科手術をはじめ、多岐にわたって対応可能です。

腹腔鏡下手術

腹壁の数か所に小さい穴を開け、そこから操作器具を挿入して腹腔内の手術を行います。
開腹手術に比べ、患者さんにとって術痕が小さく痛みも少ないので回復が早いのが大きなメリットです。

卵管鏡下卵管形成手術 (FTカテーテル)

卵管の通過性を回復されるのにカテーテルを膣から子宮へと挿入し、卵管に近づけ風船(バルーン)を膨らませ卵管の中へ進めて詰まっているところを広げます。
費用は保険適応なので高額療養制度が使えます。全身麻酔(静脈麻酔)で行うので日帰り治療もしくは翌日退院となります。

男性不妊手術

精液検査にて無精子症と診断された場合や極めて少ない重度の乏精子の場合に、精巣(睾丸)で精子が作られているか調べる検査です。陰嚢に1~2cm程度の切開をし、精巣上体から精子を回収するMESA(精巣上体精子回収法)やTESE(顕微鏡下精巣精子採取法)を行います。精子や後期精子細胞が見つかれば凍結保存をし顕微授精を行うことができます。

開腹手術

腹部を切開し、肉眼で確認しながら行う手術です。腹腔鏡下手術に比べ手術時間も短く、費用も安価です。

膣式手術

婦人科特有の手術です。膣部からの手術となる為、腹部にまったく傷を残さず術後の痛みも少ない低侵襲の手術です。

子宮鏡下手術

膣から子宮を経由して入れた内視鏡で子宮の内側の病変を確認し削り取る手術です。