2021年より不妊治療の助成金が拡充されます。

2021年より高度生殖医療の助成金が拡充されます。所得制限が撤廃され、助成額も1回30万円、助成回数は1人の子どもを授かるための治療に対し6回まで(40~43歳は3回まで)となります。
対象年齢には変更ありません。事実婚も対象になります。