南九州初、国より再生医療施設として認可

南九州初!再生医療の施設認可を厚生労働大臣より受けました。

 反復着床不全症例や子宮内膜症菲薄症例に対する自己多血小板血漿(PRP)による再生医療の施設認可を厚生労働大臣より受けました。

自己多血小板血漿(PRP)を用いた治療について

 患者さん本人の血液を用いて、多血小板血漿(Platelet-Rich Plasma:PRP)を組成し、標的部位へ注入する「再生医療」になります。血小板は組織の修復、損傷部位の血管新生、創傷の治癒に必要な「成長因子」を多数放出することが知られています。

 PRP療法は、このような血小板から放出される成長因子を専用の医療機器を使用して効率的に濃縮・組成し、治療したい臓器へ注入することによって、本来、自分の体が持っている細胞の再生能力を局所的に最大化する治療法です。

PRP療法は既に様々な疾患領域にて臨床使用されており、整形外科、歯科、眼科、皮膚科、婦人科等において、有効性が明らかにされつつあります。

不妊症分野におけるPRP治療

 血小板に含まれる成長因子(PDGF・TGF-β・VEGF・EGF等)は、子宮内膜環境の改善を促すことが明らかにされています。成長因子を多く含むPRP投与によって、子宮内膜における細胞増殖、血管新生を良好にすることで、胚着床率の改善、および妊娠維持が期待できます。

不妊症領域での治療の歴史はまだ十分ではありまぜんが、現在では海外において子宮内膜菲薄症例や反復着床不全症例に対する研究が盛んに行われています。

安全性について

 本治療法は再生医療等の安全性の確保等に関する法律に基づき、再生医療等提供計画の届出後、厚生労働大臣に受理された治療となります。あなた自身の血液を用いた治療法ですので、アレルギー反応等の心配が少なく、これまでの国内外での使用において、重篤な副作用は報告されていません。

施行時期について

凍結融解胚移植スケジュール内で2回、採血・注入を予定しております。

前の記事

5月の診療日程