当院の取り組みと移植成績について

このグラフは当院で生殖補助医療(ART)治療をされた患者様の初回受精卵胚移植での年齢別妊娠率です。患者様の平均年齢は年々上昇傾向にありますが、当院での初回治療での妊娠率は年々増加しております。

当院では多くの患者様が妊娠・出産に至るよう最新の治療も導入しております。
近年では子宮鏡検査による妊娠率上昇の報告(海外学会にて報告)、子宮内フローラ検査など最新の検査の導入開始、培養室への最新型タイムラプスインキュベーターシステム導入、受精卵の胚盤胞移植への取り組みなどを実施しました。

2018年、当院はART妊娠4,000例を達成しました。
すべての患者様が1回の治療で妊娠・出産に至るのは難しいことです。しかし、患者様が1日でも早く赤ちゃんに出会えるため、今後とも最新の医療・技術を提供してまいります。

2018年上半期 年齢別 体外受精妊娠率

当院における体外受精妊娠率・着床率の推移

高度生殖医療(ART)の治療成績

当院の附設高度生殖医療センターの治療成績です。

新鮮胚及び凍結胚移植 年齢別妊娠率

年齢別妊娠率

年齢別による1回での妊娠率

1回での妊娠率